お知らせ
せきが出ている女性

インフルエンザには季節性のものと新型のものがあります。
この内、季節性のものに関してはほぼ毎年と言って良いほど、大流行するシーズンと言うのがあります。
それが冬場であり、月で言うと1月、2月です。
このシーズンは気温が低く、また空気も非常に乾燥しているため、空気感染が発生しやすい、そしてウイルスも繁殖しやすいために大流行が起こりやすいのです。
インフルエンザの毎年の被害傾向と言うのもある程度は共通しています。
まず保育園や幼稚園、また小学校や中学校などに通っている児童ですと、そこでの集団感染によってインフルエンザにかかってしまう児童が多いと言うことです。
そして大半の児童がかかっていることが明らかになった時点で、学校は休校措置をとることが多いです。
児童の場合、ある程度、体力や免疫力が整っていれば通常の症状、発熱や倦怠感、下痢や嘔吐で済みます。
ただし、まだそれらがじゅうぶんでない児童の場合は、脳症などを合併するおそれもあるため注意が必要です。
もうひとつ、傾向として挙げられるのが老人ホームなどに入居している高齢者の被害が重症化しやすいと言うことです。
老人ホームなどでも、やはりこの季節になるとインフルエンザへの集団感染が多くなります。
そして高齢者の場合、体力や免疫力はどうしても低下しがちになっています。
またインフルエンザにかかっても高熱が出にくい、平時から倦怠感を抱えている人はその変化に気づかないといったこともあるため、発症してからの対処が遅れてしまうことも多くあります。
そしてそのまま、合併症のひとつである肺炎を発症してしまうために、高齢者のインフルエンザ重症化しやすいのです。
また一人暮らしの高齢者に関しても、やはりその健康に気を使う人がいないと言うこともあり、重症化しやすい傾向にあります。

記事一覧

インフルエンザウイルスの構造は研究により明らかにされています。 抗ウイルスは言葉の通り、ウイルスに抵...

インフルエンザの症状というのは、風邪と似ている部分が多いので勘違いする方も沢山居ます。 風邪の場合も...

インフルエンザはインフルエンザウイルスに感染することです。 風邪の症状と違って、高熱、節々の痛み、さ...

小学生の頃は、地域によってインフルエンザの予防接種が義務付けられていました。 しかし、インフルエンザ...

寒い季節はインフルエンザが流行しますので、予防接種を行うなどの対策を行う人も多いのではないでしょうか...

よく知られていることですが、インフルエンザという病気は、インフルエンザウイルスという病原性の微生物が...

インフルエンザは、インフルエンザウイルスによるものですから、要は空気中にこのウイルスがいなければワク...

寒い季節に入ると空気が乾燥してくるため、インフルエンザウイルスが活性化してきて、毎年恒例の感染が始ま...

インフルエンザは例年冬ごろになると話題に上がるようになり、そして春を迎える頃になると感染者数が減少し...