• ホーム
  • インフルエンザの流行る時期とは

インフルエンザの流行る時期とは

鼻をかんでいる女性

インフルエンザは例年冬ごろになると話題に上がるようになり、そして春を迎える頃になると感染者数が減少していくことになります。
こうした季節によって発症者数が異なるインフルエンザは「季節性」と呼ばれているのですが、例年の流行時期を見てみると毎年年末ごろから2月ごろにかけてが発症者数のピーク、つまり流行る時期だとして読み解くことが出来ます。
12月に入った頃から少しずつ感染者数が増加していき、1月には12月の10倍ほどにまで跳ね上がりますのでこの時期には特に感染予防に関して警戒が必要だと言えます。
ではどうして冬になると感染者数が増えるのかと言うと、この原因はやはり冬の乾燥した空気が関係しています。
地域によって多少の差がありますが冬は夏よりも乾燥状態になることが多く、またインフルエンザウイルスは湿った環境よりも乾燥した環境の方が活発に活動します。
加えて空気が乾燥していると人の喉なども乾燥しやすくなって免疫力が低下しますから、活発に活動するようになったインフルエンザウイルスを自身の抵抗力で退けることが出来なくなり、インフルエンザの発症に繋がってしまうわけです。
こうした仕組みを考えるとインフルエンザが流行る時期である12月から2月にかけてはマスクを付け、室内では加湿器を使って乾燥を防ぐことが重要です。
一部では「ウイルスはマスクを貫通するから意味が無い」とも言われているのですが、インフルエンザ対策としてマスクを着用することの最大の目的はウイルスを通さないことではなく口と鼻の周りの湿度を上げてウイルスが活発に動けない環境をつくり、かつ自身の抵抗力の低下をカバーすることにあります。
付けていないよりは付けていた方がはるかに良いのですから、感染時期が近づいたのであれば感染予防には何が必要なのかをしっかり考えるようにしましょう。

サイト内検索
人気記事一覧